👀担当者に質問する

担当者に質問

部門賞受賞2作品を含む、ファイナリストに選出された6作品事例集|「TikTok for Business Japan Awards 2024」Creative Categoryの画像

部門賞受賞2作品を含む、ファイナリストに選出された6作品事例集|「TikTok for Business Japan Awards 2024」Creative Category

PDF:全9ページ/ファイルサイズ:8.5MB

TikTokで高いクリエイティビティを発揮してビジネスや社会にインパクトを与えたプロモーションを表彰する広告賞「TikTok for Business Japan Awards 2024」Creative Categoryの受賞作品が2024年4月18日に発表され、ワンメディアが手掛けた作品のうち合計6作品が入賞、うち2作品が部門賞を受賞し、広告会社にて最多タイとなる受賞数を達成しました。

この資料では本アワードのファイナリストに選出されたノミネート6作品の事例をご紹介しております。なお、各事例は「プロモーション事例 |広告賞」のページにも掲載しております。

ファイナリストに選出された、TikTokプロモーション施策一覧

■「Best TikTok Creator Collaboration」部門ノミネート
TikTokクリエイターと企業やブランドとのコラボレーションを実施し、広告目的を達成したキャンペーン

・【部門賞受賞】アース製薬株式会社 『恋するモンダミン』
・ダイキン工業株式会社 『#取り憑きPR』
・中外製薬株式会社 『Raising Awareness of NMOSD with yama』

■「Best UGC Driver」部門ノミネート
楽曲やBranded/Community Effect※、投稿テーマなどのクリエイティブアイデアを通じてエンゲージメントを向上させ、多くのユーザーが共感し、ユーザーの投稿やモチベーションが最大化したキャンペーン
※Community Effect:TikTokのエフェクト作成ツール「TikTok Effect House」を利用して作成されたエフェクト

・ディップ株式会社 『#はじめてバイト応援チャレンジ』
・【部門賞受賞】株式会社リクルート 『#エゴい髪型でキメろ』
・株式会社Mercury 『HKT48 7期生オーディション』

■「Best Innovation」部門ノミネート 
これまで前例のないTikTokの新たな活用方法にチャレンジし、ユーザーに新たなエンターテインメントを提供したキャンペーン

・アース製薬株式会社 『恋するモンダミン』
・中外製薬株式会社 『Raising Awareness of NMOSD with yama』
・株式会社Mercury 『HKT48 7期生オーディション』

プログラム

  • 「TikTok for Business Japan Awards 2024」Creative Category について
  • アース製薬株式会社  『恋するモンダミン』
  • ダイキン工業株式会社 『#取り憑きPR』
  • ディップ株式会社  『#はじめてバイト応援チャレンジ』
  • 株式会社リクルート  『#エゴい髪型でキメろ』
  • 中外製薬株式会社  『Raising Awareness of NMOSD with yama』
  • 株式会社Mercury  『HKT48 7期生オーディション』

このような方にオススメです

  1. はじめてTikTok広告にチャレンジするマーケターの方
  2. TikTok広告の実績を知りたい方
  3. ブランドが持つ課題をTikTok広告で解決する手法を知りたい方
  4. 広告賞の事例を知りたい方

TikTok for Business Japan Awards 2024 公式サイトはこちら



必須 *